新病院移転のお知らせ

 2021年6月1日にJR摩耶駅北側に移転致しました。
医療スタッフ他従業員一同業務に専心し、新天地で更に充実した医療を行えるように努力して参りたいと存じますので、宜しくお願い申し上げます。

理事長ご挨拶

待合室

当院は、空海ゆかりの天上寺が座される摩耶山の麓、JR摩耶駅に隣接のこの地に、2021年6月1日に移転しました。2019年には、医療法人寛仁会エスプリ ラージュ エ プレヴナンス(仏語 ESPRIT LARGE ET PRÉVENANCE)を設立し、当院は、医療法人寛仁会 吉田アーデント病院と改組しました。もとより、アーデント(英語 ARDENT)とは、医療に熱心に取り組む心 レスプリ アードン(仏語 L’ESPRIT ARDENT)を有していることを意味しています。地震や気候変動による災害に起因する健康被害、医療資源の破壊、国際化や人口動態の変遷に伴う社会や疾病構造の変化等の諸問題に向き合いながら、地域医療に少しでも貢献すべく、神戸市第二次救急病院協議会指定病院として二次救急医療に専念し、患者各位の持ち備えた生命力を高め急性疾患から持病の慢性疾患まで治癒に導けるように、熱意を持って、真摯に診療を行って参ります。

理事長・院長 吉田 寛

新任常勤医師のお知らせ

豊富な手術経験と実績を有する整形外科 毛利医師が2021年7月に就任されました。詳細は診療体制のページをご覧下さい。

寛仁会の総合理念

寛仁とは、書経の一文である「克寛克仁彰信兆民( かんじんしん兆民ちょうみんあきら かにす)」より引用し、その意は寛大で思いやり深い政治を心がけ、政治に嘘、偽りのないことを、天下万民に示したとの趣旨で、殷の湯王の政治姿勢について語った言葉とされています。我々は、寛容で寛大、思いやり深い医療・看護を心がけ、地域医療に微力乍ら貢献すべく努力し、住民の皆様との信頼を結ぶべく研鑽を積んで参る所存です。

診療理念

入院室
  • 一、急性疾患については、手術等の外科的処置を含めた速やかな対応を行います。
  • 一、慢性疾患については、病因についての総合的精査を行い適切な治療法を追究し、これを実施します。
  • 一、患者各位が本来有している自然治癒力を賦活し高め、QOLを充実させるために、食事・運動・睡眠・嗜好を含めた LIFE STYLE について関与し、栄養指導・運動療法・禁煙外来等を行います。
  • 一、終末医療については、患者各位とその家族の人生観を顧慮し、最適な治療法を選択します。
  • 一、如何なる疾患についても、患者各位の健康への想いを尊重し治療法を決定します。

診療体制梗概

待合室

当院の診療体制は、阪大・京大・神大等の大学との連携を基盤とし、各々大学には、非常に実力のある秀逸した先生方がおられ、当院の主軸を担って頂いております。内科系・外科系疾患に拘わらず、専門力と総合力を駆使し、24時間体制できめ細やかな診療・対応を行っております。

診療科目

内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・神経内科・放射線科
外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・リハビリテーション科

専門外来

糖尿病内分泌外来・皮膚科外来・感染症外来・禁煙外来・泌尿器科外来
訪問看護・人間ドック

リハビリテーション

整形外科疾患・脳神経外科.脳神経内科疾患等のリハビリテーションを
理学療法士・作業療法士を中心とし、効果的治療を行っております。

外国語対応

英語・中国語・韓国語・ロシア語・フランス語・スペイン語・イタリア語での言語対応を行っております。(事前にお問い合わせください)

告示・指定

  • 救急告示病院・労災・生保・原爆・公害
  • 第二次救急病院協議会指定病院
  • 全日本病院協会人間ドック実施指定施設
  • 国土交通省指定航空身体検査機関
  • 厚生労働省認定労働衛生コンサルタント機関
  • 一般病床80床
私たちは、最善の心、最高の知識、最新の技術で 患者様に提供致します 安心、安定、安全の医療を

ページトップペ戻る